【駐車料金改定のご案内】

誠に勝手ながら、駐車場のご利用料金を改定させていただくこととなりました。何卒、事情をご賢察のうえご理解、ご了承を賜りますようお願い申し上げます。
2017年12月1日より改定
旧料金:何泊でも1回の宿泊につき500円 → 新料金:1泊につき500円

尾道の観光は、福山オリエンタルホテルがサポートします。

尾道へは当ホテルからが便利です。人気の観光スポット・尾道は坂の多い街として知られ、高台から望む瀬戸内の風景はまさに絶景。
自転車好きの聖地となっているしまなみ海道や多くの寺社、また、旅好きに人気のリゾートホテルや温泉もあります。
尾道への観光・旅行でご宿泊のホテルをお探しの際は、福山オリエンタルホテルでのご予約がおすすめ。
広島・東京・大阪からのご出張も安心、当日予約や格安の宿泊プランについてもお問い合わせください。

しまなみ海道
[ホテルからのアクセス]
JR福山駅より尾道駅まで約18分
尾道観光でぜひ訪れたい場所といえば、ここ。本州四国連絡橋の通称であり、広島県尾道市と愛媛県今治市をはじめ、その間にある島々を繋ぐ海の道です。さまざまな種類の橋があり、それぞれに特徴があります。特に注目されるのが、海の難所に架かる世界初の三連吊橋として有名な来島海峡大橋。まさに建築のアートというべき美しい佇まいです。
御袖天満宮
広島県尾道市長江1-11-16
[ホテルからのアクセス]
JR福山駅より尾道駅まで約18分→バス約5分
寺社の多い尾道の中でも、学生の人気を集めるのが「御袖天満宮」。学問の神様・菅原道真公を奉っており、受験シーズンには多くの学生がこの場所を訪れます。また、長さ5mの1本石を54段に仕立て、残り1本は敢えて継いであるという階段が有名で、大林映画「転校生」の階段落ちシーンにも登場しました。
志賀直哉旧居
広島県尾道市東土堂町8-28
[ホテルからのアクセス]
JR福山駅より尾道駅まで約18分→徒歩20分
[開館時間]
11月〜3月/9:00〜17:00、4月〜10月/9:00〜18:00 火曜定休
[入館料]
3館共通入場券/一般300円、中学生以下無料
1912年、かの文豪・志賀直哉が尾道に移り住みます。彼が住まいとしていた棟割長家は現在でも残されており、尾道の観光スポットのひとつとして人気を博しています。志賀直哉の代表的作品でもある「暗夜行路」。なんと、この場所で草案が練られていたともいわれています。古き良き長屋の風情をそのままに、文豪が夢見た未来に思いを馳せられる貴重な場所です。
招き猫美術館
広島県尾道市東土堂町19-36
[ホテルからのアクセス]
JR福山駅より尾道駅まで約18分→徒歩20分
[開館時間]
平日11:00〜17:00、土日祝10:00〜17:00 木曜(祝日の場合は翌日)定休
古民家を利用した商業施設などが多くひしめく尾道。風情ある坂道とそのレトロモダンな民家のマッチが、この街の良さのひとつです。そんな古民家を改造した、とある小さな美術館。それが「招き猫美術館」です。尾道在住の園山春二の招き猫が1,500体以上展示してあるという、猫好きにはたまらない人気スポットです。
千光寺公園
広島県尾道市西土堂町19
[ホテルからのアクセス]
JR福山駅より尾道駅まで約18分→タクシー約10分
風情ある尾道の街並に四季折々の自然が融合した「千光寺公園」。さくら名所100選に選ばれており、春には美しい桜が園内を彩ります。また、恋人の聖地にも認定されており、頂上展望台からの景色は夜景100選にも選ばれるなど、どこもかしこも絶景のロケーション。「文学のこみち」と千光寺山ロープウェイなど、見どころ満載のスポットです。
千光寺
広島県尾道市東土堂町15-1
[ホテルからのアクセス]
JR福山駅より尾道駅まで約18分→ロープウェイ山ろく駅まで徒歩約15分
千光寺山の中腹にたたずむ千光寺。朱塗りの本堂である赤堂をはじめ、「日本の音風景100選」にも選ばれている鐘楼が見どころです。また、同寺境内にある「玉の岩」と呼ばれる巨石には、その昔、岩の頂に光る玉があり尾道一帯を照らしていたという伝説も残っているとか。風光明媚な尾道の街を見守り続ける場所として、大切にされています。
ONOMICHI U2
広島県尾道市西御所町5-11
[ホテルからのアクセス]
JR福山駅より尾道駅まで約18分→徒歩5分
[営業時間]
店舗によって異なる
県営の海運倉庫として使われていた「県営上屋2号」を改装し、サイクリストのための複合施設として甦らせたONOMICHI U2。絶品パンがいただけるカフェやお土産売り場、サイクルショップに宿泊施設までが集約されています。目の前はすぐ海。お天気のいい日はデッキに出て、潮風にあたりながら憩いのひと時を。

尾道周辺の観光スポット