福山オリエンタルホテルで、鞆の浦名産・保命酒をお楽しみください。

保命酒〜350年の歴史〜

保命酒とは、福山市の港町・鞆の浦名産の薬味酒です。鞆の浦を歩けば、「保命酒」という看板を掲げた保命酒屋を目にすることができます。保命酒の歴史はとても古く、万治二年(1659年)より、大阪の漢方医・中村家が代々独占的に製造・販売を行っていました。その内容は、当時、備後鞆の津で造られていた「吉備の旨酒」に、中国産の薬味を漬け込んだものでした。福山藩が誇る名酒となった保命酒は、大名や豪商にも高値で取引されていたといいます。保命酒の製造方法が門外不出とされていた中、明治時代に入ると類似のお酒を製造する業者が現れ始めました。後年、中村家の古文書が見つかり、保命酒の製法・成分について明らかになりました。保命酒の誕生から350余年。現在、保命酒の製造・販売を行っているのは鞆の浦にある4社のみです。

保命酒は健康酒

保命酒の正式名称は、「十六味地黄保命酒(十六味保命酒)」といいます。当時は十三種の生薬しか記されていなかったにもかかわらず十六味地黄保命酒としたのは、地黄や桂皮、当帰ほか十三の生薬に加え、焼酎・もち米・麹を数えたためといわれています。ちなみに、現在の保命酒には十六種の生薬が配合されています。独特の甘みを持つ保命酒は、嗜好品としてはもちろん、その薬効が特長のひとつ。保命酒に含まれる薬味成分がアルコールにより体内に素早く吸収され、効果が早く表れるといいます。保命酒をお湯割りで飲むと体が芯から温まり、冷たくして飲めば夏バテ防止などの効能も。そのほか、保命酒は疲労や冷え性、頻尿、しびれ、かすみ目などにも効果があるといわれています。

保命酒風呂で疲労回復&美肌ケア

福山オリエンタルホテルの大浴場では、福山にいらしていただいたお客様に保命酒を体験していただきたいとの想いから、大浴場の壺湯に保命酒風呂をご用意しております。保命酒風呂とは、保命酒を醸造する時に出る酒粕を使った湯のことです。保命酒のお風呂に浸かれば体が芯から温まり、湯冷めもしにくく疲労回復の効果があります。また、保命酒のお風呂は美容にも効果的。よく酒粕のお風呂は美肌にいいといわれていますが、保命酒の酒粕風呂も例外ではありません。保命酒のお風呂に入った後はお肌がつるつるになると、女性のお客様にも好評をいただいております。

ご朝食にも保命酒をどうぞ

福山オリエンタルホテルでは、鞆の浦の保命酒屋「入江豊三郎本店」から取り寄せた保命酒を使用しています。朝食バイキングの各種ドリンクと並んで保命酒も提供しておりますので、保命酒が初めての方もこの機会にご賞味ください。独特の甘みがある保命酒ですが、砂糖や人工甘味料は一切不使用です。濃いと感じられる方は、水やジュースで割るのもおすすめ。保命酒の適度なアルコール(14%)と生薬で、冬は体がぽかぽか、夏は夏バテ知らずです。当ホテルでしか味わえない朝の保命酒で、元気をチャージしてお出かけください。

ご協力

入江豊三郎本店
http://www.iriehonten.jp/
江戸期の情緒をそのまま残した店構えは、鞆の浦観光の名スポットとしても人気。約200年前の建物とされている仕込蔵で醸造された保命酒や本味醂のほか、ギフトにも最適な「保命酒のど飴」「保命酒の花」「保命酒ジュレ」などの商品を扱っております。
[住所] 広島県福山市鞆町鞆534 [営業時間] 9:00〜16:00